Quinoss.com

物語の感想やニュースの意見等々を更新しています

日常

俵太の達者でござる

新型コロナの影響で収録が減ったためなのか伝説の番組の傑作選が放送され始めた。 そう、めっちゃ懐かしい番組「俵太の達者でござる」だ。 えっ、知らない?初めて聞いた!?嘘だろう!世紀をまたいで10年以上ゴールデンタイムで毎週放送されていたあの番…

当事者意識

よく「相手の気持ちになって」だとか、「客観的に物事を捉えて」など自分中心にしか考えが及んでいないであろう相手に使われる言葉に「当事者意識を持て」というのがある。私も視野が狭くなって、他者の気持ちや考えなどを理解せずに発言等をする気質である…

令和を迎えるにあたって

人生2度目の元号の変わり目。30年前はどうだったかなんて思い出してしまう。中学生だったので世の中のことなんて知ってるようで何も知らなかった。 昭和64年の7日間は昭和天皇の容体の速報が何度も流れ、緊迫した雰囲気だったことは覚えている。崩御さ…

小籔千豊のユニバーサルマナー 車いすの女性との話

月曜日の夜にプロフェッショナルを観ていた。新喜劇座長として苦悩する小籔千豊。芸人コンビとして頭角を現し始めていたが相方の申し出でコンビ解散、安定を求め新喜劇に入団するも甘い世界ではなくかなりの辛酸をなめたようだった。起死回生のボケで再浮上…

平成最後の・・・

これではいけないなと思いつつも、ダラダラと過ごしあっという間に過ぎ去ったお正月。平成の集大成というくらいいつも以上にマンネリな年越しだった。 テレビ的にはM-1で年の瀬を感じ始め、なんか昼間が合わなかった72時間を見て、笑ってはいけないを紅…

桂歌丸

記しておきたい。W杯敗退のことではなく、歌丸師匠が亡くなったこと。 私は落語を日常的に観たり、聞いたりはしない。日頃落語家にふれられるのはほぼ日曜の笑点のみ。そういう人は多いと思う。しかも笑点に落語はない。落語家たちの大喜利があるだけだ。そ…

ブログについて

わさビーフは大人になったら美味い。 「ボルゴグラードの忖度」誰だこんなこと言ったのは(笑) 最後はあんな感じだったけれどワールドカップ1次リーグ戦は楽しかった。サッカーは普段熱心に観てる方ではないが、ここまで面白く観戦出来たことは今までなかっ…